手組ホィール



Chris king r45 ceramic/Sapim cx-ray/Stanz notubes ztr alpha340

クリスキングのロードハブ「R45 ceramic」を使い、サピムCX-RAYスポーク・スタンズノーチューブス ZTR α340リムで組み上げました。

クリスキングのR45ハブはステンレスベアリングとセラミックベアリングの2タイプ有りますが、その見分け方がなかなか難しい。下がセラミック、上がステンレスモデルですが解りますか。


リアハブフリー側のベアリングを覗くと、シールに「Ceramic」の文字が見えます。


こちらはステンレスベアリングモデル。


フロントは見分けが付きませんね。


スポークの下準備、一本一本プレップを塗ります。


ニップルは作業しやすいように整列させます。


3クロスのイタリアン組み



ハブとお揃い、レッドのアルミニップル。


前後セット重量で1405gと軽量に仕上がってます。

オーナーさん、ヒルクライムの目標タイム達成に強い味方が出来たと喜ばれてます。

//spec//

hub : front : chris king r45 ceramic

: rear : chris king r45 ceramic shimano body

rim : stanz notubes ztr alpha 340

spork : sapim cx-ray

nipple : sapim aluminium

weight : 1405g ( F= 641g ,R= 764g )

price : ¥183,160

#手組ホイール #サピム