知らず知らずのうちに長時間乗ることができるをスポーツバイクは、ちょっとした組立方法の違いが乗っているときの快適さに影響します。

工場から出荷されたままの状態の自転車は、大量生産のため、レバーの角度が左右でほんのわずかだけずれていたり、ワイヤの引きが重かったりすることがまれにあります。

お客様に快適なサイクルライフを送っていただくために、diossでは細部に渡ってこだわりの組立を行っています。

以下ではこだわりの組立の一部をご紹介します。

”お客様ひとりひとりに合わせたスポーツバイクの組立て”

クロスバイクの組立

1. シフト・ブレーキケーブルのグリスアップ

        ケーブルの滑りをよくするためと、錆を予防するためにケーブルに合わせて、グリスを塗ります。

   このひと手間でレバーを引いたときの抵抗が少なくなり、長期間に渡ってシフトとブレーキのコンディションが保てます。

   

2. ボルトのグリスアップ

   ステムボルトやヘッドキャップの固定ボルトに、錆や固着を予防するためにグリスを塗ります。

3. クイックシャフトのグリスアップ

   錆を予防するために薄くグリスを塗ります。

4. ハンドルの固定

   ハンドルを中央で確実に固定します。ハンドルとステム、ホイールの中心を確認して、すべてがまっすぐになるように固定します。

   

5. レバーの固定

   左右でシフト・ブレーキレバーの位置が合っているか確認をします。

6. シフト調整

   ケーブルを固定して、強く握って初期伸びを取ります。

   フロントとリアが適切に変速するように調整します。

7. ブレーキ調整

    ケーブルを固定して、強く握って初期伸びを取ります。

    ブレーキシューの左右の高さとリムに対する位置を合わせます。